一日働いてこその日給だから価値がある

日給月給の求人に応募 世の中にはいろいろな働き方があります。最近、よく耳にする正規雇用と非正規雇用も働き方のひとつです。また、時間当たりいくらで給料が設定される時給制の他に日給制、日給月給制、月給制などの賃金の決定方式による働き方の分類もあります。時間給制と日給制は非正規雇用、とくにアルバイトで多い形態です。ただ、日給制は短時間労働ではなく、一日まるまる働くことを前提とした給料制である点が、多くのアルバイトとは異なります。

日給で働く場合は、朝の始業時間に勤務を開始して、夕方の終業時間までしっかり働くことで全額もらうことができます。仕事が終わったあとは心地よい疲れがあるか、くたくたでそれどころではないか、何にしても、その日の給料を受取る権利が手に入ったわけです。しかし、まる一日働いていない場合に給料がなくなるということではありません。数時間でも働いた場合は、会社は賃金を支払う義務が生じています。就業規則に何を書いていようとも、タダ働きさせることは労働基準法違反となります。月給だって毎日出勤した結果の給料だから日給と同じような気もしますが、月給制の場合は、毎月の給料が固定されている点が大きく異なります。遅刻しても給料が減らないのは月給制だからであって、日給制とは違います。
Copyright (C)2019日給月給の求人に応募.All rights reserved.